Googleアドセンスの審査で気をつけたこと

googleアドセンス

WEBサイト運営を始めて真っ先に壁となるのが、広告配信サービスであるGoogleアドセンスの審査ではないでしょうか。

年々審査が厳しくなっているそうで、Googleアドセンスの審査に合格するためのマニュアルサイトが存在するほどです。実際審査が通らず頭を悩ませている方もいるかと思います。

当ブログも一度審査に落ちており、いくつか修正しました。そしてつい先日、「Google AdSense」の審査に合格したので、気をつけた点や修正した箇所などについて解説していきます。

スポンサーリンク

Googleアドセンスへ審査申し込み時の状況

ブログ

申し込み時期

ブログ開設から1週間後にはGoogle AdSensの審査申し込みを行いました。審査結果が返ってきたのが2週間後だったので、最初に審査で落ちたのがブログ開設から大体3週間後です。

記事数

申し込み時の記事は5記事程度でした。審査結果が返ってきたときは全部で20記事程度だったかと思います。

その他のコンテンツ

ブログを開設したばかりだったので、記事だけを書いていました。プロフィールは審査待ちの時に作成し、プライバシーポリシーやお問い合わせフォームは再審査の前に作りました。

Googleアドセンスの審査に落ちた原因

コンテンツ不足

メールで審査結果が来て、理由を見てみるとコンテンツ不足と書いてありました。それだけです。このブログは、雑記寄りのゲームブログですがコンテンツ内容的には問題ないことがわかります。

審査結果が来た頃には記事数が20記事程度はあったので、記事の文字数が原因なのか、そもそも記事数自体が少ないのが原因なのかがこの時点では判断できません。

スポンサーリンク

Googleアドセンスの審査に落ちた原因を考える

審査

コンテンツ不足の理由

審査に2週間丸々掛かっている訳ですが、いつ審査が行われたかについては解りません。記事の文字数はほぼ1,000文字超えているので、単純に記事数が問題だと仮定しました。

インデックス数が少なかった

Google Search Consoleで分析してみると、インデックス数と実際の記事数が違いました。インデックス数っていうのは、Googleが僕のブログに存在する記事を把握している数になります。

独自ドメインのブログで開設からまだ間もない場合、記事を投稿してもGooglebotが瞬時に記事を把握するのは無理です。もしこのインデックス数を参照しているのならコンテンツ不足なのも頷けます。

Googleアドセンスの審査で気をつけた事

審査

サイトマップを送信

インデックス数を増やすためにGoogle Search Consoleにサイトマップを送信しました。審査に落ちてからは、記事を書くたびにサイトマップを送りつけました。

恐らくそこまで密にサイトマップを送る必要は多分ありませんが、Googleアドセンスの審査に関わらずサイトマップは小まめに送信したほうが良いです。

記事以外も用意する

ググったらプロフィールやプライバシーポリシーは必要だと書いてあったので、追加しました。おまけにお問い合わせフォームも作りました。審査通過時に増やしたものはこれくらいです。

記事を書き続けた

本当に記事数が足りない可能性があったので、記事は書き続けました。一日サボったような気がしましたが記事数は20記事→26記事に増やしました。

二度目のGoogleアドセンスの審査

審査に落ちてから一週間くらい経って、プロフィールもプライバシーポリシーも作ったので、再び審査の申請をしました。

二度目の返答はとても早く、半日ほどでメールが届きました。無事二度目の申請で合格しました。

審査に関係なさそうな事

色々とググりましたが、眉唾な情報もあったので審査に関係なさそうな事をまとめてみました。

画像の掲載は一切禁止

ゲーム記事にガンガン画像を掲載していますが、問題なかったようです。画像の有無は関係ないかと。

一定のアクセス数が必要

あんまりアクセスがないので、関係ないかと思います。

開設してから日が浅い

開設してからギリギリ一ヶ月未満で審査が通りました。一ヶ月前後経っていれば問題ないかと思います。

Googleアドセンス審査のまとめ

googleアドセンス

コンテンツ不足で審査が通らない場合は、記事を増やしたり、サイトマップを送ってみてはいかがですか、というお話でした。もしかしたらプライバシーポリシーやプロフィールも地味に重要なのかもしれません。

Googleアドセンスへの審査時期ですが、審査だけなら早期に申請した方が良いかと思います。最初の審査は丸々2週間と非常に日にちが掛かりましたが、再審査はわずか半日で終了しました。

アクセスが少なくても、開設から日が浅くても、Googleの基準を満たすサイトなら審査には通ることがわかりましたので、Google AdSenseを使用する予定なら早めに審査の申し込みをすると良いでしょう。

コメント