ドラクエウォークが面白かったのでレビューなど

ドラクエウォーク 戦闘

ドラクエウォーク始めました。ちょっと触るつもりがハマってしまったので、面白かった所なんかを記事にしてみました。

スポンサーリンク

ドラクエウォークはこんなゲーム

ドラクエウォーク

とてもざっくりとした概要

ドラクエウォーク 戦闘

従来のドラクエシリーズと同じく戦闘はコマンド選択式のターン制バトルです。ポケモンGOみたいにマップにはモンスターのシンボルがあり、タップすると戦闘になります。

ガチャ要素

ドラクエウォーク ガチャ

ガチャ要素は装備品のガチャがあります。装備にはそれぞれレアリティがあり、高レアリティほど攻撃力などの数値と上限レベルが高く設定されています。

また装備品によっては装備することで使えるようになるスキルがあり、こちらもやはり高レアリティほど強力なスキルが設定されています。

アイテム収集要素

ドラクエウォーク モンスターのこころ

モンスターのレアドロップ品であるモンスターのこころが収集要素になります。こころはそれぞれステータスボーナスがあり、装備することでステータスが上がります。

ドラクエウォークのここが面白い

自動行動モードがアプリ内にある

ドラクエウォークは、ポケモンGOプラスみたいにアイテムの回収や自動戦闘をしてくれるWALKモードがあります。

機能として存在しているものなので、別途料金が掛かることもなく付属品を持ち歩く必要もないので非常に便利ですが、ずっと立ち止まっていると機能しないという欠点もあります。

ゲームプレイさえしていればガチャが引ける

ドラクエウォークにはマイレージパスというものがあり、戦闘や移動・壺破壊などの行動でマイレージが溜まっていきます。

このマイレージはガチャチケットと交換でき、交換枚数の上限も決まっていません。なので、ゲームプレイを続けてさえいればガチャを引くことができます。

ゲームの難易度がやや高い

最初はスライムとドラキーしか出てこないため、難易度は低いです。自宅でプレイしているとファンタジー北島の気分が味わえます。

クエストが進むと出現するモンスターの数と種類がどんどん増え、ボス戦もあります。ボス戦自体も到達時は難易度が高めですが、クエストクリアして少し経つとボス戦で出てきたモンスターたちが普通にマップに沸きます。

そのため適当にプレイしていると、割と早い段階で詰みます。全滅した後にボス戦をどう切り抜けるか、試行錯誤する面白さがドラクエウォークにはあります。

スポンサーリンク

ドラクエウォークにおけるリセマラ

ドラクエウォーク ガチャ

他のソシャゲ同様にドラクエウォークもリセマラは可能です。リセマラ要素は武器ガチャになります。ただ、ドラクエウォークのリセマラはクエストをクリアする必要があるため、外への移動が必要になります。

自宅に居ながらクエストクリアができるのなら良いですが、大抵の人はそうではないと思いますので、リセマラは1回やるのも時間が掛かります。

また、最高レアリティである星5装備は排出確率が7%と高く、序盤はなにかとガチャが引けるので無理してリセマラする必要はないです。

まとめ:ドラクエウォークについて

クエストを進めるにあたり、どうしても外に出る必要はありますが、WALKモードでオートプレイができたり、ボス戦は特に従来のドラクエが楽しめるのでドラクエ好きなら是非おすすめしたいアプリです。

ゲームバランスにおいても、僧侶や魔法使いが杖でモンスターを殴るとMPが回復する仕様だったり、ドロップアイテムのモンスターのこころでステータスの大幅な底上げが出来たりと、星5武器が一個もなくてもなんとかなる様には仕上がっています。

また地方限定のモンスターが居たり、現状はレイドボスも時間を掛ければソロでも討伐可能です。住んでる場所問わず楽しめる、というのも魅力のひとつです。

コメント