【プリコネ】ラースドラゴン攻略-期間限定キャラ控えめ

プリコネ ラースドラゴン攻略

ダンジョンEX3ボス、ラースドラゴンの攻略記事になります。普通に攻略しても楽しくないので、期間限定キャラを極力使わずに攻略してみました。

使用した編成や攻略のポイント、ラースドラゴンの攻略法方などもまとめてあります。

さっそく使用した編成と攻略のポイントから紹介します。

スポンサーリンク

ラースドラゴン討伐に使った編成と攻略のポイント

1凸目

プリコネ ラースドラゴン攻略

ムイミ・トモ・レイ・ジータ・バレンタインシズルの物理編成です。

ジータ以外はTPMAX推奨です。

プリコネ ラースドラゴン攻略

ムイミを生存させるコツは、ムイミが一回被弾してからUBを使うことです。トモとレイとバレンタインシズルは開幕UBを使用しましょう。

2凸目

プリコネ ラースドラゴン攻略

イリヤ・アカリ・アン・ネネカ・マホの範囲魔法編成です。

ネネカとマホはTPMAXで挑みます。

プリコネ ラースドラゴン攻略

イリヤをタップしまくるのが完走するコツです。事故ったらリタイヤしましょう。

プリコネ ラースドラゴン攻略

水着キャルがいるならアカリを外して使いましょう。総合ダメージが結構変わります。

3凸目

プリコネ ラースドラゴン攻略

ヒヨリ・クリスティーナ・ハロウィンミミ・ユカリ・水着カオリの物理編成です。

ヒヨリのみTPMAXです。

プリコネ ラースドラゴン攻略

特筆して注意すべき点は無いです。フルオートでも全く問題ないPTになります。

4凸目

プリコネ ラースドラゴン攻略

コッコロ・カスミ・ナナカ・キャル・キョウカの魔法編成です。

カスミとキャルはTPMAXで挑みましたが、溜めなくても問題ないかと思います。自身が無ければ溜めましょう。

最終決戦の5凸に向けてラースドラゴンのHPを調整するためのPTになります。

プリコネ ラースドラゴン攻略

上記魔法編成だけだと火力が足りない場合は、もう1PT突っ込ませましょう。範囲アタッカーが足りず、ブレイクが厳しいならTP吸収ができるタマキが役に立ちます。

5凸目

プリコネ ラースドラゴン攻略

プリンセスペコリーヌ・ルカ・マコト・リノ・ユイの物理耐久編成です。

TP溜めは見てのとおりリノ以外全員です。

ラースドラゴン発狂後はUBを阻止することができなくなるので、耐久しつつ火力が出せて、さらに物理防御力デバフを盛り込んだらこんなPTになりました。

プリコネ ラースドラゴン攻略

巷ではゴミ扱いのプリンセスペコリーヌですが、雑にボスを殴りにいくときに結構使うので、僕は重宝しています。

ラースドラゴン攻略のポイント

範囲攻撃がとても重要

プリコネ ラースドラゴン攻略

ラースドラゴンはマルチターゲット対応ボスになります。そして部位のブレイクが成功すると、戦いを有利に進めることができます。

部位をブレイクすれば耐久力が落ち、全部位をブレイクすると敵のTPがリセットされます。そのため全部位をブレイクしつづければ高火力のUBを撃ってこなくなります。

ブレイク状態が維持できればダメージも稼げる上に、UBで大ダメージを受けることもなくなるので、とにかく範囲攻撃が重要です。

発狂前は範囲アタッカー+単体アタッカー+補助役の組み合わせで、全部位破壊を繰り返しながらラースドラゴンのHPを減らしましょう。

一部キャラはTPMAX推奨

プリコネ ラースドラゴン攻略

火力を出すためにムイミやイリヤなどのアタッカーを盾にする必要があるので、一部のキャラは道中でTP溜め推奨です。

ただし、道中はネネカなど範囲攻撃を使うシャドウが出てきます。ボス前にHPをゴッソリ削られたり倒されてしまうと攻略が困難になるので気を付けましょう。

発狂後用にキャラを残しておく

プリコネ ラースドラゴン攻略

ラースドラゴンはHPが10%を切ると発狂します。発狂するとブレイクが不可能になるので、防御デバフが必要になるほか、UBを耐える必要があります。

防御デバフ役やヒーラーは、発狂前に使いきらずに残しておいたほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

期間限定キャラ控えめのラースドラゴン攻略:まとめ

プリコネ ラースドラゴン攻略

フェス限定キャラがフル稼働でしたが、期間限定ガチャキャラはバレンタインシズルさえいればダンジョンEX3は十分クリア可能です。

ただし、現状はキャラの育成がかなり必要なほか、星6キャラも必要になります。限定キャラは控えめでも問題ないですが、ラースドラゴン討伐の難易度が高いことに変わりはありません。

正月キャルや正月コッコロがいないという理由で、攻略を断念するのはとても勿体ないです。限定キャラが居なくてクリアできない、という人の参考にでもなれば幸いです。